呼吸器疾患の病態解明と新規治療の開発をメインテーマに、臨床応用を目標とした研究を進めています。

胸部疾患研究施設は、分子生物学、免疫学、遺伝子工学などの最先端の科学技術を駆使し、肺癌、間質性肺疾患、喘息やCOPDなどの難治性の呼吸器疾患の病態解析と治療法の開発を精力的に行っています。

入局研修を希望の方へ

九州大学病院 新内科専門医養成コース

COPDスクリーニングのための質問(COPD-Q)

  • 研修医の声
  • 臨床研究
  • 診療について
  • 肺の生活習慣病の克服を目指した医療ネットワークの構築