研修・入局案内

HOME > 研修・入局案内 > 研修内容

研修内容

診療と研究の他に九州大学病院呼吸器科のもう一つの使命として挙げられるのが教育です。呼吸器科は疾患スペクトラムが広く、腫瘍、感染性疾患、アレルギー、自己免疫疾患などあらゆる病気に遭遇します。これらの疾患に対応できる内科・呼吸器内科のスペシャリストを育成することは我々の使命であると考えています。福岡地区、北九州地区、筑後地区の関連病院と連携し、幅広い疾患を経験し、各種認定医・専門医取得のためのキャリアを積むことができる研修環境を提供しています。

初期研修プログラム

呼吸器疾患入院患者平均 5-6 名(常時)を指導医のもとに担当。

一般目標

一般診療において経験する機会の多い呼吸器疾患群に対して、呼吸器内科医として最低限必要な診断・治療技術を習得。

具体的到達目標

1
病歴聴取、聴診技術、画像診断、肺機能と動脈血ガスの評価等の呼吸器科的診察手技を習得する。
2
呼吸器科領域における微生物学的検査の基本を習得する。
3
胸腔穿刺など胸膜疾患の診断と治療に必要な基本手技を習得する。
4
呼吸不全の病態生理を理解し、適切な酸素療法の選択ができる。
5
人工呼吸の基本を学び、安全かつ効果的な呼吸管理の方法を習得する。
6
抗癌剤の投与方法、薬理作用、副作用について習得する。
7
指導医の指導のもとに、気管支内視鏡検査の最低限必要な技術を習得する。

後期研修プログラム

九州大学病院呼吸器科および関連施設では、呼吸器診療の専門家育成を目指しています。大学病院ならではの先端医療実践、希少疾患経験だけでなく、研究を通した広い視野の育成、関連施設での多様な指導医の元での臨床経験を得ることができます。呼吸器専門医取得後、呼吸器診療を専門としていく上で、これらの経験は欠かすことができないと思われます。
 また九州大学病院呼吸器科および関連施設では、専門医取得後の勤務先についても責任をもち、各医師と相談しながら決定を行っています。

呼吸器科における初期臨床研修後の進路

医局の風景